高橋さんちのKOEDO低燃費生活

わが家「エコハウス」との出会い

約 4 分

オドロキの宿泊体験!

まさきです。ぼくはフリーライターとして、全国をまわってエネルギーについての記事を書いていました。あるとき「すごいエコハウスがある」「しかもそこで宿泊体験ができる」という情報を聞きつけ、たまたま取材にやってきたのが、埼玉県川越市にある「低燃費住宅(※)」という工務店グループのひとつがつくったモデルハウスです。

自動車の「低燃費カー」というのは誰もが知るところですが、実は家だって光熱費をかけずに快適に過ごせる、というのがこのグループのコンセプトでした。

「本当にそんな家があるんだろうか?」と半信半疑で訪れたぼくとパートナーの「ゆみ」にとって、ここでの宿泊体験は「!!!」の連続でした。

小江戸と呼ばれる川越。モデルハウスからは徒歩15分程度で観光名所の蔵の街に。

冬は無暖房で・・・?

2016年の2月、初めて川越のモデルハウスに訪れた日は、残念ながら(笑)比較的暖かい日だったのですが、それでも朝晩は気温が5〜7℃程度まで冷え込みました。もちろん、普通の家なら暖房をつけなければ寒くていられない状態ですが、この低燃費住宅では、まったくの無暖房!!

ぼくたち夫婦は「超」がつく寒がりです。当時住んでいた家では、ガスファンヒーターの前のスペースをどっちが座るか奪い合いをしていたくらいです(笑)。それなのに、モデルハウスでは暖房もつけずに裸足で過ごしても快適だったので本当に驚きました。

夏はなぜか工事中の家・・・?

次に行ったのが真夏です。今度は太陽がギラギラと照りつける35度を越える猛暑日でした。でも川越のときにお世話になった工務店のお兄さんに誘われたのは、同じモデルハウスではなく、なぜか埼玉県所沢市で建築中の低燃費住宅でした。

やってきた家はまさに建築中・・・

「建築中じゃあ性能がわからないでしょう。ぼくは完成した家を体験したいんだけど…」という疑問を抱きつつ、工務店のお兄さんから「フッフッフッ…まあ騙されたと思って来てくださいよ…」という不敵なお誘いに興味を抱いて行ってみると・・・

これまたびっくり!やってきた家はまさに建築中。一応壁の構造や窓はついていますが、バリバリ建築中です。ところがドアを開けると、ひんやりした空気がぼくたちを包みました。「まあさすがに大型のエアコンをガンガンかけているんでしょうね」と思ったら、実はエアコンを止めていたんです!

「なんじゃあこりゃあ〜!!!」という衝撃でした。もちろんしばらくするとさすがに暑くなってくるので、30分毎くらいにエアコンを動かすらしいのですが、2階建ての一軒家ですよ。家全体を涼しくするのに使っていたのは、なんと4畳用のちっちゃいエアコン一台だけだったのです!まだ工事中なので、工事用の仮のエアコンなんですよ。これにもまた驚きでした。

家の基本性能が良いと、ほんのちょっとのエネルギーだけで家全体が涼しくなるということらしいです!う〜ん!いままでは広いスペースを涼しくするには、パワフルなエアコンガンガン動かすしかないと思っていたんだが・・・

 

こんなに小さなエアコンが1台とは!

その時は、実際にこのような家で暮らすことになるとは夢にも思いませんでした。しかし、その夏の衝撃体験からちょうど1年後、最初に宿泊体験をした「川越モデルハウス」がその役割を終えることになり、取材したご縁から、まさかの展開で「ぼくたちの家」になってしまったのです(もらったわけではありません)!

※「低燃費住宅」というグループの名称は、2017年9月現在、「ウェルネストホーム」に変更となりました。ちなみにぼくたちがお世話になった工務店はこちらの埼玉県の西に拠点を置く低燃費住宅埼玉西さんです。ひとつのコンセプトをもとに、全国にいろんな工務店のひとたちが連携しているんですね。

 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図