高橋さんちのKOEDO低燃費生活

高橋さんちの断捨離大公開

約 5 分
高橋さんちの断捨離大公開

エコハウスに引っ越してから、これまで必需品だったり、当たり前のように使っていたものが不要となり、次々と「物置き送り」になりました。その量が、私たちの想像と物置のキャパをはるかに超えていたので、年末の大掃除を機に「断捨離」を決行することにしました!

なぜ、うちの断捨離の様子(=不要品リスト)を公開するかというと、家が変わったことで「買うモノ」と「必要な収納スペース」が激減したうちの例を見たら、みなさんが今暮らす場所で、そして将来選ぶ家で、より快適で経済的に暮らすための「選択」が増えるのではないかと思うからです。

まずは、これから紹介する長~いリストを見ながら、どれくらいお金の節約になるか、そして収納スペースが空くか、想像してみてください!

最初に、この冬にめでたくお蔵入りとなったものたちを紹介します。私たちは寒がりなので、山ほど出てきました・・・。

要らなくなった家電

今、日々使っている暖房は家全体でエアコン1台のみなので、

・ガスファンヒーター

・遠赤外線ヒーター

・ホットカーペットとモフモフカバー →無垢材の床そのままでOK!

要らなくなった衣類

・厚手のフリースやベスト →寒い部屋がないので、服の上に着る服は要らなくなりました。

・もこもこソックス →靴下の重ね履きはしなくなりました。むしろ私は裸足の時も多い。

・冬用パジャマ →まさきさんは薄手の冬用パジャマを着ますが、私は今も短パン+TシャツでOK!

要らなくなった大きい物

・冬用布団 →1月になっても肌掛けのままでOK!

・厚手の毛布 →まさきさんは薄い毛布と肌掛け、私は夏用タオルケット+肌掛けでOK!

・もこもこシーツ →まさきさんはぽかぽかしたいらしく使っていますが、私は夏用シーツがちょうどいい。

要らなくなった小物

・スリッパ →足下寒くないので不要!

・膝掛け →前の家では四方八方に置いてありました。

・雑巾 →窓が結露しないため、もう拭く必要がなくなった。

要らなくなった断熱アイテム

窓用断熱ボード、結露防止テープ、床用遮熱シート、遮熱カーテンなど。

要らなくなった他の季節のもの

・日除け用すだれ →日差し暑くない

・靴下 →冬以外は裸足なので必要な数が減った

・大量の湿気対策用品 →押し入れの収納用品の下に入れていたすのこなど

「家の質」と「月々の出費」を計算

では、ここからが本題です。

家を買う場合、家そのものの値段が目の前に提示されます(注:ゼロがいっぱい並んでいるのでクラクラします)。うちの様なエコハウスはいい材料で丁寧に作られるため、同じ大きさの家と比べると、確かに初期投資は少し割高になります。でも、何十年分のランニングコスト(光熱費)を考えれば、基本的に元は取れるだろうな~と私たちは考えていました。

でも、そのときは思いつきもしなかったものがあります。それが光熱費以外で節約できる部分です。冷暖房器具が少なくなったので、数年毎の買い換えも不要だし、夏や冬にだけ使っていた生活用品はもう買わなくていいのです。これらを全部足すと結構な金額になるし、スペースも有効に使えるようになりました。また今度紹介しますが、実は、消耗品の使用量も大幅に減っています。

快適性を得るために引っ越しましたが、思わぬところで得した気分です。

ここでみなさんに伝えたいのは、月々、家にかかるお金とは、家賃だけでなくランニングコストや家電、消耗品などを全部足したものだということです。普通の家でも、エコハウスほどの変化はないとしても、断熱や空気の質によりランニングコストや暮らしに必要なもの(=すなわち家にまつわる悩み)が増えたり、減ったりします。

住むところを快適な環境にすることは、実は、経済的でもあります。

自分の家に手が加えることができるなら、一時的にお金がかかっても、しっかりと断熱リフォームすることで、快適になるだけではなく、毎月の光熱費が減ったり、必要なものが減って、少しずつ投資した分を取り戻せるようになります。

住む場所を選ぶのが大事なのは、賃貸でも同じです。自分の家は冬寒くて夏は暑い!という人は、次に引っ越す際には、毎月の家賃だけでなく、その環境(断熱やつくりなど)も見てみましょう。できるだけスカスカでない家(暑さや寒さが厳しいときに見に行くと分かりやすい)を選べば、快適度がアップするだけではなく、ランニングコストや必要なものが減って、少し家賃が高くても、総合的にお得になると思います。

この家で欲しくなったもの

余談ですが・・・エコハウスに住んで不要になったものが多いのですが、逆に欲しくなったものがあります。

それは、トロピカルフルーツの木!

冬でも基本的に20°Cくらいあって、家を長く不在にしても15°C以下にならないということは、家の中でパパイヤやマンゴーが育つかもしれない!!!そのうち苗を買って実験したいと思っています!

いつかブログで実がなったという報告をするかもしれません。お楽しみに!

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 最後のオチの部分についてですが、屋内(窓際)で植物を育てるのは可能ですか。
    窓ガラスのg値が小さく、太陽光をあまり通さないので、植物の生育には不利のように感じます…

    • 植物によると思いますが、可能だと思います。窓は日光が結構入るんですよ。すでに置いてある植物は通常なら冬は枯れているはずですが、活き活きとしているので。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図