高橋さんちのKOEDO低燃費生活

チリも積もれば山となる!エコハウスで要らないモノはな〜んだ?

チリも積もれば山となる!エコハウスで要らないモノはな〜んだ?

以前、エコハウスに住み始めたら要らないものがどっさり出てきて、自然に「断捨離」ができたという話をしました。(まだ読んでいない方は、こちらの記事「高橋さんちの断捨離大公開!」を先にどうぞ!)

それからさらに1年。引っ越してから買わなくなったもの(もしくは量が格段に減ったもの)が沢山あることに気づきました。

細々したものだったり、そんなに高くないものばかりですが、チリも積もれば山となる!家が変わると買うものもこんなに変わるんだなぁと実感しているのです。

例えば・・・

掃除の道具

まずはお掃除シート。

うちの床は全部が無垢の板なので、掃除機よりもお掃除シートで行ったり来たりすることが多いです。でも、家の換気システムのおかげで(詳しくはこちら)、埃があまり入ってこないのでお掃除シートが汚れににくく、長く使えます。

引っ越す前よりも床面積が倍以上になったはずなのに、使う量は格段に減りました。そして、ずっとキレイなのが楽しいようで、まさきさんが自分から床掃除担当になりました(パチパチパチ)!

次に掃除用の洗剤。

「低燃費住宅は、お風呂にカビが生えないって聞いたけど本当?」とよく聞かれます。そうです。ボチボチ掃除をしておけば大丈夫。なぜかというと、お風呂に入った後、ドアを開けておけば湿気が家全体に逃げて、結構すぐ乾くからです。

もちろん、お風呂に入ったときにお掃除はしますが、だいたい洗剤を使わないスポンジで一通り拭くだけです。トイレも洗面台もカビを気にせずちょっと掃除すればいい感じ。そういうわけで、1年半前の引っ越し前に買った洗剤はまだ半分以上あり、しばらく買う必要はなさそうです。

湿気・乾燥対策用品

断捨離についての記事では、結露用テープや湿気対策アイテムなどを買う必要がなくなったと書きました。

でも、よくよく考えてみると、消耗品として買い続けていて、引っ越してから買わなくなったものが多々ありました。例えば、靴箱やクローゼットに入れる湿気取り。前は四方八方に入れていましたが、引っ越してから一度も買っていません。余談ですが、食べかけのおせんべいも湿気にくくなりました。

逆に、今の季節に気になるのが乾燥!前はよく、冬に鏡をみるとカサカサしていて、我ながらがっかりすることが多かったのですが、歳を重ねたにもかかわらず、お肌は前よりぴちぴち!(な気がする。)

顕著にわかるのがリップクリーム、ハンドクリームの使用量。家にいると使わないし、家にいる時間も増えたので、こちらもしばらく買わなくて良さそうです。むしろ、今あるものが悪くなる前に使い切るか逆に心配なくらいです!

寒さ対策の洋服

年間を通して家の中が適温に保たれているので、前に家の中でいつも着ていたベストやフリースなどは要らなくなり、もう買う必要もなくなりました。

感覚としては、春や秋の服を着ていることが増えました。真冬でも長袖のシャツとカーディガンを羽織るだけでOKです(靴下を履いていないこともよくある)。また、私はポカポカ下着を着なくなりました。いい意味で家の中の服装に季節感がなくなって、買う洋服が減ったのです。(うちの季節感のなさについてはこちらの記事をどうぞ!)

まさきさんの場合、そもそも極度の寒がりなので、私ほど顕著な違いは見えません。でも、2年目の冬を迎えても寒さ対策の服を新たに買っていないのは、これまでと違うところでしょう。

アレルギーの薬など

花粉、埃、ダニなど、私たちは2人ともアレルギー鼻炎の薬を飲んでいましたが、この家に引っ越して随分改善しました(詳しくはこちら)私は薬が全く要らなくなったので、アレルギー科のお医者さんにサヨナラ!しました。まさきさんも薬を使う量が格段に減ったので、前は必ず無くなる前にお医者さんに行ってたっぷりもらってきていたのに、最近、なくなるまで気づきませんでした。これは経済的でもあるけれど、何よりも健康に一歩近づいたのがうれしいことです。

私はと言えば、虫刺されが他の人より激しい(刺される数&刺された後の腫れや痒さ)のですが、昨年、多分生まれて初めて、家の中で蚊に刺されずに夏を過ごせました。虫刺されの薬も、虫除けも(そして蚊取り線香も!)家ではこの2年間使っていません。

ティッシュ!

極めつけは、ティッシュ!!!

「ティッシュだって!?」と笑われるかもしれません。でも、アレルギーが減って、家の汚れも減って、花粉症の影響も減って、ティッシュを使う量が本当に減ったんです。

ある日、計算してみました。

毎月1回、300円のティッシュボックスを買っていたのが、3ヶ月に1回になったら・・・

1年間で2400円の差額が出る。

  

ということは、それが30年続いたら72,000円儲かったことになる。

  

ポケットティッシュの分も数えたら、多分10万円くらい!何もしてないのに!!

ただ鼻をかんでゴミ箱にぽいっと捨てていたもののお金を、他のことに使えるのはうれしい話です。

他にもこういう感じで、買う量が減ったり、買わなくなったものが沢山あります。

どれもこれも小さいのですが、全部足していって、それが何十年も続くことを考えると、お金も貯まるし、収納場所は要らないし、ゴミは減るし、いいことばかりです。

もちろん、これは最先端のエコハウスの例です。でも、例えば暑さ・寒さの対策なら、既存の家やマンションを断熱改修したり、賃貸だって対策をすることで、その効果はやった分だけ表れます。

住むところを快適な環境にするという投資は、後々色々な形で返ってくる。その小さな例をご紹介しました!

今日はこの辺でおしまい!

またね!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図