高橋さんちのKOEDO低燃費生活

久しぶりにエコハウスでの生活レポート!

久しぶりにエコハウスでの生活レポート!

エコハウスに暮らして3年が過ぎ、日々感じていた驚きが日常となりました。ふと気づいたら、最近は生活レポート(←私生活の暴露とも言う)をあまりしていませんでした。10月後半から朝晩は冷え込むようになり、再びエコハウスの威力が分かりやすくなってきたので、今日は久しぶりに私たちの日々の生活を紹介します。

私たちは基本的に家で働いているので、以前から起きている時間の半分くらいは家で過ごしていたイメージがあります。しかし、コロナ禍で2人ともミーティングはほぼオンライン、まさきさんの講演もほぼオンライン、私がやる仕事もほぼオンライン。

肩を並べて仕事をして、三食一緒に作って食べて、オンラインでピラティスして・・・と引っ越す前の想像をはるかに超える時間を家で過ごしていますが、そのおかげか、日々健康に過ごせています(笑)。

実は、まさきさんは、2年間、風邪をひいてないという(最近の)最長記録を日々更新中です。パチパチパチ!これは寝冷えしない、湯冷めしない、乾燥しない、といったこの家の性能のおかげでしょう。これならきっと寿命も伸びるはず!このままどんどん記録を伸ばして欲しいです。この家に暮らし始めて半年くらいの頃、身体に起こった変化について書きましたが、その実感は今も変わりません。

ちなみに、私も風邪をひいていない大記録(約20年!)を更新中!ですが、私は元々頑丈なので、家の性能を確かめるにはあまり参考になりません(笑)。

具体的には、年間でもそして1日を通しても、この家では室温が変わらないことが大きな理由だと思います。これは先日(10月19日)の家の外と中の気温です。

上が外気温、下が室内の温度ですが、上のグラフは12度〜18度(6度)、下は21度〜23.5度(2.5度)が同じ幅になっているので、パッと見た目ではわかりにくいのですが、実際には外気温はすごく上下するのに、室温はどこへ移動してもすごく安定しています。

外は明け方に12.6度まで下がり、昼頃に18度が最高でした。暖房は使っていませんが、この間、家の中は大体22度台のままです。夜に少し温度が上がるのは料理をしたりしているからです。

こちらは外出して家にいなかった日。

外は最低13.2度、午後には20度を少し超えたくらい。家ではもちろん暖房はついておらず、料理などもしていませんが、21度〜22度のままを推移。ともかく安定しているのがポイントです。

これは、断熱材たっぷりの分厚い壁や、高性能な窓温度が保たれる換気の仕組みのおかげです。

服装は相変わらず薄着で、私は家の中ではすぐ靴下を脱ぎます(笑)。服装の変化について、詳しくはこちらの記事を読んでください。

寝るときはまさきさんは厚手のパジャマ+肌掛け、私は、薄いパジャマ+タオルケットと超薄手の毛布1枚だけです。これは真冬になってもほとんど変わりません。

天気予報で「朝晩の冷え込みが厳しくなってきました」と聞いて、季節の移り変わりを知るのは相変わらずですが、朝、窓から手を出して外の温度を確認してから着替えるのにも慣れました。

うちは「四季を感じない家」ですが、外に出かけて季節を楽しむようにしています。

他にも色々ありますが、今日はここまで。もう少し寒さが厳しくなってきたら、また日々の生活をレポートしますね!

またね!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図