高橋さんちのKOEDO低燃費生活

久しぶりの見学者!生活について色々質問をお答えします!

久しぶりの見学者!生活について色々質問をお答えします!

夏や冬が繁忙期のわが家も、コロナ禍で家族や友人以外の見学者がしばらく来ていませんでしたが、久しぶりに見学のリクエストが来ました!

「高性能住宅を建てようと考えているけど、暮らしている人からどんな生活になるのか話を聞きたい」という方が訪問することになり、気をつけながら、見学受け入れを再開することになりました!

しばらくぶりでしたが、当日の朝はお互い何も言わなくても、まさきさんが床掃除、私はモノが散らばってないか確認、身体が段取りを覚えています(笑)。

今日は、高性能な家をつくる建築士さんとそのチーム、そしてお客さんのご夫婦とお子さんたちがやってきました。うちの見学をしながらも、やはり関心は日々の生活にまつわることで、色々な質問がありました。

高気密・高断熱の高性能住宅を検討していて、同じような質問の答えを聞きたい人もいるかもしれない!と思いついたので、今日は、先日受けた質問の一部に答えてみたいと思います!

Q. 本当に冬寒くないの?年間で温度はどれくらい変わる?

朝には外気温が10℃くらいまで下がる今(11月中旬時点)でもエアコンを使っていなくて、ずっと21℃以上を保っています。冬の間もずっと、床の表面温度も20℃以下にはなりません(私は大体裸足のまま)。

冷暖房なしかエアコン1つで、季節を問わず玄関からロフトまでほぼ同じ温度です。真夏でも、ロフトが暑くならないので、お客さんはそこで寝てもらっています。

Q. 漆喰の壁って大丈夫?落ちて洋服についたりする?

私たちは、性能の面からも見た目も漆喰の壁は最強!だと思っています。

洋服につくことはありません。多くの汚れは消しゴムで落ちます。水分のあるものがかかったら染み込んでしまうので、ビニールクロスのようには拭き取れませんが、少しくらいだと気にならないし、必要があれば上から塗れるので、個人的には経年すると古く汚れて見えるクロスよりもいいと思います。
漆喰の壁について詳しくはこちら

Q. 服装はどう変わった?

年間を通して、室内の温度は20〜26℃なので、家の中で厚手のフリースを上から羽織ったり、レッグウォーマーなどの防寒具を身につけることはなくなりました。逆に、真夏でも普通の服(水着みたいな服じゃなくて!)を着るようになりました。
服装の変化について詳しくはこちら

Q. 掃除はどれだけ楽になる?

もちろん、まったく掃除をしなくていいわけではありませんが、一番大きな違いはホコリの溜まり方が遅いことと、ホコリが溜まってもそれが白っぽいことです。拭き掃除する頻度が減ったのに、前よりもきれいに保てます。
エコハウスでの掃除について詳しくはこちら

Q. 洗濯はどうやっている?

うちは外の環境が悪い(車がたくさん通ります!)ので、すべて家干しをしています。季節や天気に関わらず、だいたい同じ時間で乾きます。嫌な匂いもしません。もちろん、梅雨も長雨もまったく関係ありません。

また、厚い断熱材のおかげで音が外に漏れないので、夜に洗濯機を回して夜中に乾かすこともできます。洗濯がいつでもできるのは、家事の効率アップになっています。
洗濯について詳しくはこちら

Q. モノが少なく見えるけど・・・?

エコハウスでは、一般的な家では必要なのに、この家では要らないというものがたくさん出てきます。例えば、冬の布団や洋服、掃除用品などなど。私たちはそれを徐々に減らしていきました。わが家は元モデルハウスなので、元々、収納スペースがとても少ないのですが、それでも全部収まっています!

詳しくは、エコハウスではもう要らなくなるものもう買わなくなるもの、を参考にしてください。

Q. この家で一番大きく変わったのは?

生活の仕方でもいろいろ変わりましたが、目で見えるのは経済面かもしれません。例えば、光熱費を比較をするとわかりますが、この家になってスペースは断然増えたのに、光熱費は下がっています。長期的な経済的メリットも多いと思います。効率的なお金の使い方ができるようになったと思います。

他にもありましたが、今日はこんなところにしておきます。

今回は、いつも聞かれる「この家の弱点は?困っていることは?」といった質問が出ませんでしたが、もし興味があれば、こちらの記事で正直に書いていますので、読んでみてください。

残念ながら、コロナ禍はまだしばらく続きそうです。お出かけせずに家で過ごしたり(私のオススメの家での楽しみ方はこちら)、仕事も在宅ワークになったりと、昨年までと比べて、家で過ごす時間が圧倒的に増えた人も多いかと思います。

そうすると、自分が住まいに求めることや、住まいの何がストレスの原因になるのかなどがよくわかります。これを機会に、「住まい」のあり方について考え直したり、暮らしている場所の環境をよりよくするために対策をしている人もいるようです。

高性能住宅は、新しく家を建てるという方にはもちろんオススメの選択肢ですが、今の住まいをより過ごしやすくする方法もたくさんあります。

季節的にも今の時期で特にオススメしたいことは、断熱アイテムを活用して寒さを和らげること(詳しくはこちら)、 DIYで内窓を付けるなどの対策をすること(賃貸でも簡単にできます!詳しくはこちら)などです。また、持ち家など、長期的に暮らしていく予定の場所なら、業者に頼んで本格的な断熱リノベーション(詳しくはこちら)をすればより大きな効果が出ます。

段々と寒さが厳しくなってきますが、対策をしっかりして元気に過ごしましょう!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図