高橋さんちのKOEDO低燃費生活

業者選びが肝心!断熱リフォームでワンランク上を目指せ!

業者選びが肝心!断熱リフォームでワンランク上を目指せ!

住まいの不満として上位に挙がるのは、寒さ、暑さ、結露、騒音など。これらの問題の対策として、これまで、手軽にできることから紹介してきました。プチプチを貼る、DIYで内窓をつけるなど、自分でできることもたくさんあります。(断熱アイテムの紹介をした記事はこちら

でも、もし住まいが持ち家(もしくはマンション)なら、プロに頼んでしっかりと断熱リフォームすることをオススメします。それにより、快適性がワンランク上がり、光熱費の削減もできるからです。

マンションの断熱リフォーム前の部屋(提供:今泉太爾氏)
リフォームをして、見た目も快適性もすっかり変わる(提供:今泉太爾氏)

ただ、リフォームについては、悪質な業者をめぐるトラブルもよく聞くので、気をつけなければいけません。ということで、今回は、日本エネルギーパス協会の今泉太爾さんを取材して聞いたお話をもとに、「断熱リフォームの業者を選ぶポイント」についてお話しします!

昨年、ぼくたちはドイツに行って色々な建築物を見ましたが、民間も自治体もあちこちで積極的に断熱改修をしていました。

ドイツの団地の断熱改修の様子

驚いたのは、高いレベルの断熱工事があちこちで、当たり前のように行われていたことです。そのため、どの業者を選んでも工事のレベルが安定しているように感じました。

もちろん、日本でもちゃんとした業者に頼めば、しっかりと断熱リフォームができます。ただ、トラブルになるケースも少なくないようです。

外側に貼り付ける断熱材はこんなに分厚い(ドイツにて)

ではトラブルを防ぐために、どうやって業者を選んだらいいのか?ネットで検索して複数の業者に見積もりを取る、という人が多いと思います。でも、それだけではどんな業者かわからないので、その前にまずは以下の2つのポイントをチェック!

ポイントその1・建築業の免許を持っているかをチェック!

「工事をやるなら免許くらい持っているはず」と思うかも知れません。実は、ぼくも最近まで知らなかったのですが、住宅リフォーム業社には資格が必要ないのです。

法的には、「単体の工事の請負額が500万円未満の場合」は必要ないことになっていますが、500万円以上かかる工事はかなり大掛かり。大半のリフォームはそれ以下の金額になるでしょう。

ということは、極端な話「今日からリフォーム屋になりたい」と思ったら誰でも名乗れてしまいます。実績がなくても、それっぽいウェブサイトがあれば問い合わせも来るでしょう。その中には、悪質な業者が混ざっていてもおかしくありません。それが、リフォームに関するトラブルが多い理由のひとつにもなっているのです。

根本的には制度に問題があるのですが、すぐに変わるものでもありません。消費者としては、きちんとした業者に頼むために、まず建築のプロの証である「建築業許可」を持っているかを確認することが大切です。

ポイントその2・リフォームの経験をチェック!

とはいえ、建築業の許可さえあれば安心かというとそんなことはありません。免許を持っていても、リフォームの経験がほとんどない業者もいます。

リフォームは、一軒一軒すべて異なるオーダーメイド。お客さんのニーズに合わせて対応できる技術力や柔軟性が求められます。普段、建売住宅ばかりを建てている業者では、リフォームにうまく対応できないことがあるのです。

そこで、その業者にリフォーム工事の実績を聞いたり、リフォームした物件、またはリフォーム中の現場を見せてもらうことをオススメします。

もし面倒くさがったり、見せてもらえない場合は、過去の実績がほとんどないとか、リフォーム物件の所有者との関係があまり良くないこともあり得ます。そういう業者は避けたほうが良さそうです。

なお、わが家を建てた齋賀設計工務は、昨年、リフォームによって低燃費住宅のモデルルームをつくりました。もともとは古びた小屋に見えましたが(笑)、骨組みだけを残してフルリフォームしたのです!(その時の写真はこちらで見られます)

このように技術力と柔軟性がある業者なら、古びた建物を世界トップレベルの断熱性能を持つエコハウスに生まれ変わらせることができます。

断熱リフォームは今のうちに検討するべし!

きちんとした断熱リフォームができる業者は、たいてい人気があります。寒くなってきた頃にお願いをしても、順番待ちになって工事が寒い時期に間に合わなくなる可能性が高いです。そこで、次の冬を暖かく過ごすために、夏が終わる今頃から業者を探し始めるのが、ちょうどよいタイミングだと思います。

断熱リフォームに関しては、国土交通省がエコポイント制度を設けています。断熱工事の種類や金額によって、お金が戻ってくる仕組みです。具体的にリフォームを考える時には、どうやって使えるか詳しく調べてみるといいでしょう。

断熱の大切さを理解しているリフォーム業者はまだまだ少数派です。断熱リフォームを考えている人は、このようなポイントを参考にしてもらえればうれしいです!また、これまでも断熱リフォームが気になっていた人は、これを機会にぜひやってみましょう!

次回の僕の記事では、どんなことをすればいいか、どこをやったらいいかなどをもう少し具体的に書きたいと思います。

それではまた!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

ABOUT

Profile image
ブログについて
See more info
Profile image
家について
See more info
Profile image
高橋さんちのひとびと
See more info

見取り図